Embedded 3D models

@model コンポーネントを使用することで、ユーザーが用意した任意の3Dオブジェクトを読み込ませることができます。

モデルの読み込みは絶対パスと相対パス双方の指定方法に対応しています。リンク先は ( ) (パーレン・丸括弧)で囲って表記してください。

component : "@model(https://sample.com/sample.fbx)"
component : "@model(./sample.fbx)"
embedded-model.oml
export default {
component : "@model(https://sample.com/sample.fbx)"
}

対応している3Dモデルの拡張子は以下の通りです。

3D

3DS

3MF

AC

AC3D

ACC

AMF

AMJ

ASE

ASK

B3D

BLEND

BVH

COB

DAE/Collada

DXF

ENFF

FBX

glTF 1.0 + GLB

glTF 2.0

IFC-STEP

IRR / IRRMESH

LWO

LWS

LXO

MD2

MD3

MD5

MDC

MDL

MESH/MESH.XML

MOT

MS3D

NDO

NFF

OBJ

OFF

OGEX

PLY

PMX

PRJ

Q3O

Q3S

RAW

SCN

SIB

SMD

STL

TER

UC

VTA

X

X3D

XGL

ZGL

グループ化やプロパティを適用することで様々な設定をすることができます。詳細は下記のリンク先をご参照ください。

3Dモデルにすでにテクスチャとして色が反映されている場合、colorプロパティは乗算されて描画されます。