Rotation

RotationプロパティはVector・Number・Objectを許容します。

オイラー角を使用してそれぞれの軸を中心にした回転角を入力します。

x, y, zの角度は、z軸→ x軸→ y軸の順に回転します。

デフォルト値は x=0, y=0, z=0 です。

rotation : 90
// は以下のように解釈される
rotation : [90, 90, 90]
rotation.oml
export default {
component : "@cube",
// 配列で表記する場合、配列の長さは3でなくてはいけない
// ex) rotation : [90,90] -> x
// rotation : [90,90,90] -> o
rotation : [90,90,90],
rotation : {
x : 90, // x軸に関しての拡大率を設定する
y : 90, // y軸に関しての拡大率を設定する
z : 90 // z軸に関しての拡大率を設定する
// オブジェクトで表記する場合, xyzはそれぞれ省略できる
// ex) rotation : { x : 90, y : 90 }
},
position : [1,1,1],
scale : [1,0.5,2]
}