Vector型

OMLは左手系の座標軸を採用しており、奥方向にz軸,上方向にy軸,右方向にx軸となっています。

以下のプロパティでは、vector型が採用されており、コンポーネントと組み合わせて使用することができます。